スキップしてメイン コンテンツに移動

春恒例、2021年山城通学圏公立高校中期選抜結果


春恒例山城通学圏公立高校普通科中期選抜結果です。

今年は上位5校が定員を充足することができました。南陽も無事定員を満たし、他校への回し合格者が33名出て、上位校の面目を久しぶりに保ちました。今年は城南菱創から南陽への回し合格がないのでどちらの合格最低点が高かったのかの判断はできません。

でも南陽にとっては来年がまた心配。不合格者数が多く出て南陽敬遠の雰囲気が出てくると、次年度は定員かつかつ状態か定員割れを起こすのが常。単独選抜に変わった2004年からののデータを見ると、来年は確実に定員割れとなります。

しかし木津、京都八幡の定員割れ状況は驚くべきものです。毎年言ってますが、もはや構造的な問題で学校の責任ではないでしょう。

府教委はいつまでこの状況を看過するのでしょうか。ある意味税金の無駄遣いかもしれません。「現場の努力、工夫が足らん!」と責任を押しつけられ続ければ、先生方の志気に影響が出てくるかもしれません。

木津の校長先生、いい方なんですがねえ。

 

コメント

このブログの人気の投稿

恒例!山城通学圏回し合格相関表

その他は山城通学圏外の学校や専門学科への回し合格です。 3月16日は公立一般入試の合格発表があった。大住学園生は全員合格でした。 塾生の合否の確認と回し合格の状況のデータ収集も兼ねて各校を回る。ここ数年の恒例の行事。 単独選抜でありながら他校への回し合格あり、なんて特殊な制度、日本でも京都だけなんじゃなかろうか。できるだけ定員割れの学校を作らないという工夫なんだが、子供のためか、それともお役人のためか… お隣の大阪府では定員割れを放置して、定員割れが3年間続けば府民のニーズに合っていない学校として廃校にする場合もあるとのこと。この場合は少なくとも子供のためという視点はないんだろうな… ま、ともかくこのありがたい制度によって不合格を免れた生徒、定員割れの憂き目にあわずに済んだ学校があるのは確か。もっとも定員割れしなかったのは、中学卒業者数が増えるにもかかわらず定員数を増やさなかったのがその理由で、定員割れおこしたを昨年と比べて、公立人気が回復してという事ではないだろう。実際京都市内の公立高校は定員を絞ったにもかかわらず、ついに定員割れを起こしてしまった。 さて、上の表の見方。 最上段、南陽高校を例にとると、横列の「南陽高校発表分」とは南陽高校の合格者掲示板に載っていた他校回し合格者数を含めての合格者数である。縦列の南陽高校とクロスする数字は自校を第1順位とする合格者数で、縦列「莵道」とのクロスする「3」は莵道へ3名回されたということを意味している。 これを見ていくと各校の入試成績の上下関係が一目瞭然となる。3段目「城南菱創」から「莵道」へ2名回し合格となっていることから、城南菱創はついに莵道を超えたという判断になる。 合格発表前から分かっていたことだが、木津は他校からの回し合格で山盛り(失礼)となっている。特に城陽高校からの回し合格者数が突出しており、木津は城陽高校の受け皿校の様相を呈している。木津は地域の伝統校なのに受け皿校扱いでは…。木津高の大先輩達は嘆いているだろうし、木津高生のプライドはどうなるのだろう。 多分この制度を作ったときはここまでの偏りが出るとは想定していなかったんだろう。 所得による私学の授業料無償制度もできたことだし、公立同士の回し合格はそろそろ止めにしてもいいのでは。それより所得制限の上限をもっと高

春恒例、2022年山城通学圏公立高校中期選抜結果

  お待たせ致しました。春恒例山城通学圏中期選抜第2順位回し合格相関表です。 今年は定員を満たした学校は城南菱創、莵道、城陽、田辺の4校のみです。南陽は昨年の高倍率の揺り返し、いわゆる隔年現象で定員割れとなりました。私も倍率は下がるとは予想していましたが、定員割れまで行くとは思いませんでした。 京都八幡は中期選抜80名の定員に対して第1順位志願者がたったの4人!他校からの回し合格者を入れても5人しかいません。本年度、久御山、田辺、木津が1クラスずつ定員減になったのに定員割れが確実視される京都八幡は定員減にならなかった不思議。何らかのパワーバランスの結果でしょうか? 確かにあまりにも定員が減ると配置される先生数も減り科目の専門家が減ってしまうおそれがあるらしい。適正規模をを保ったままで定員割れを起こさない。結論は明確。高校の統廃合しかないでしょう。でもこれこそがパワーバランスなんでしょうね。